« 軽度発達障害 | トップページ | 重曹ってすごい »

2005年10月 7日 (金)

金木犀の香り

金木犀の香りで思い出す。

実家の庭の中央に大きな金木犀の木があった。今もあるけど、その木がすべて家の運気をもっていってしまうと言われた事があったのですごく小さく切ってしまった。

小さなときは、大きな金木犀の花がちると、庭中が花のじゅうたんに変わり、大の字になり、寝転んだり、花でままごとしたり、すごく楽しい思い出がある。そんな実家も来年の夏には取り壊すことになり、なんだか寂しい気持ちになる。実家は昭和5年に建てたすごく古い家で、当時、大金持ちのおじいちゃんが建てたので、使ってある建材もすごくいいらしい・・・

そんな実家もなくなる寂しさと、子供のころを思い出す記憶・・・・香りは、思い出の記憶ををよびさます。アロマを勉強したとき、海馬とかの関係が密接にかかわることも理解した。

前世療法をしたときにも、私は黒人で素足で歩いていて、火でなにかを燃やしていた記憶がよみがえり、肉の焼ける匂いがしてきた。すごくびっくりしたし、嗅覚というのは、記憶が残るんだということを身にもって感じた。また今度も違う自分に会いたいな・・・また何かの香りを経験できるかも?

今朝は、朝5時に起きて外へ出て歩いたけれど、金木犀の香りがあちこちからして、とても気分がよくなった。

|

« 軽度発達障害 | トップページ | 重曹ってすごい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138737/6292576

この記事へのトラックバック一覧です: 金木犀の香り:

« 軽度発達障害 | トップページ | 重曹ってすごい »