« 憂鬱な気分時の花療法 | トップページ | クレイセラピー »

2006年1月16日 (月)

薬って・・・

病院からだされる薬って全部飲みきれますか?

5日分もらっても、治ってしまえば3日間ぐらいで飲まない場合もありますよね。

風邪とかだったら、私は3日分でいいですとか自分で決めて言います。すご~く嫌な顔をするお医者さんもいれば、薬は飲まなくても治りますよと言う、いまどき珍しいお医者さんもいる。

実は、旦那様もお医者さんや薬剤師さんの言うがままの薬は受け取らないのです。

去年、旦那様はある部分にイボができ(ご想像におまかせします)その日のうちに、切除してきました。薬が山ほど出たので、薬剤師さんに何のためにどのような効果があるのかを説明してもらったが、そんなにたくさん飲む必要が無いと思った旦那様は、1種類だけでいいので一つだけ選んでくれと言ったそうだ。困った薬剤師さんは、先生と相談して、これだけは飲んでくださいと言われ1種類の薬のみをもらいそれも2回飲んで捨ててしまったが、自分で治してしまった。

患部には、私が特別に作った傷に良いといわれるアロマを使ったヒーリングクリームを塗ってすぐに治ってしまった。

私は一度、膵炎でもないのに膵炎と言われてかなりの薬を飲んだことがある。そのため肝機能障害になりひどいおもいをしたことがあるので、薬はほどほどにすることにした。(旦那様ほどではありませんが・・・)

自分で治す力が人間には必ずあるので、なるべくならその力をいっぱい出せれるように免疫力をつけていかなければ。その一つに、前向きに生活すること。マイナスのエネルギーが溜まると病気になるので。花療法の勉強をしていると精神面がどれだけの身体面の影響を及ぼすのかが理解できます。

そのためにも、症状を抑えるだけの薬に頼らず、根本的な原因を知る必要さを最近になってようやくわかってきた気がします。

|

« 憂鬱な気分時の花療法 | トップページ | クレイセラピー »

コメント

fumieさん、こんにちは~♪
あたしも人間の持っている本来の治癒力って大切だと思います。お薬もなるべくなるべく飲まないようにはしているけど・・・まだまだ自分たちのそういう力を発揮できずにいます。今、できるのは、毎日を楽しんで病気をなるべく寄せ付けないように笑顔でいることくらいでしょうか。
あたしには、知識も情報もまだまだたくさん必要ですね。

投稿: poyon | 2006年1月16日 (月) 16時38分

ご無沙汰しております。SHOです(^_^)ノ。

薬・・・難しいですねぇ。日本の医療制度からしてそもそも猜疑心持つような状態なので、そのせいで薬も悪影響ですね。私も薬では副作用で散々苦しい思いをさせられて自己判断で飲むのをやめてから体調が良くなってきたという経験があるので、ある程度は良しとしても、飲み過ぎは良くないと実感しました。何でも過ぎれば毒ですよね。限度というものがあると思います。

投稿: SHO | 2006年1月16日 (月) 19時57分

>poyonさんこんばんは~ほんとうに毎日の笑顔で過ごすことが一番大切なことなんでしょうね。
病は気からっていうので楽しんで生活してきます。poyonさんも風邪には気をつけてくださいね☆

>SHOさん、お久しぶりです。日本の医療制度には身をもってびっくりさせられてしまうこともありました。またいつかそのことをブログで公開したいとおもっておりますが・・・・副作用についてももっと教えてくれるようにして欲しいと思ってしまいます。

投稿: fumie | 2006年1月16日 (月) 22時34分

こんにちは♪
薬って自分でも調節しないといけないのですよね。
私はステロイドの副作用に数年苦しんだので、
薬が毒にもなってしまうのだと身をもって体験しました(><)
去年、お腹が痛かったので行ったお医者さんでは、なんと11種類も薬が処方されビックリしましたよぉ。。粒に粉にと。。。た~くさん。
アロマとか自然なもので治癒していけると一番いいですね♪

投稿: 真莉 | 2006年1月17日 (火) 09時26分

真莉さんこんにちは。11種類はすごすぎる~飲んでる間に気分が悪くなりそうですよね。
薬の副作用を抑える薬とか出ると種類が増えてしまったりするんですよね~自然なものでなるべく生活したいですよね。

投稿: fumie | 2006年1月17日 (火) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138737/8187819

この記事へのトラックバック一覧です: 薬って・・・:

« 憂鬱な気分時の花療法 | トップページ | クレイセラピー »