« オイルセラピー | トップページ | 健康って・・・ »

2008年10月24日 (金)

こびとの日

時々行く、名古屋の薬膳ラーメンの「好来道場」さん。noodle

ここのラーメンは、さっぱりしているので、胃にもたれないので大好きです。

ここのラーメン屋さんに壁にかかれている言葉をふと思い出しました。

確かしっかりは覚えていないのだけど、「生涯を振り返ったとき、腹の底から笑った数が多かった人が幸せ」という内容だったような・・・・

笑うことってあるけれど、腹の底から笑った数となるとどうだろう・・・・coldsweats01少ないかも・・・・

どういう人が、腹の底から笑った数が多い人なんだろう??

さりげなく笑顔になってしまうような話しに

「こびとの日」という日が、イスラエルの小学校で月に1回あるそうです。

「靴屋のこびと」という童話の中で、親切でとても優しい靴屋の主人のために

寝ている間にこっそり靴を作ってあげるというお話しがあります。

その童話の小人のように、人に知られず、こっそり親切にしたり、良いことをする日なのです。

誰もいないところでゴミを拾ったり、靴をそろえたりと、誰にも知られずこっそりと良いことをするそうです。

子供でも、大人でも良いことをすると、褒めてもらいたいので、誰かが見ているところでやったり、人に話したりしますが、そういうことはしないのです。

子供たちは、何日も前から何をしようか頭を悩ませるようです。

もちろん、やったようにしてやらなくてもそのまま過ぎてしまいますが・・・・

高い道徳心が必要です。

さりげなく毎日が「こびとの日」のような人生を歩んでいる人は、きっと良いことが何倍も跳ね返ってきて、腹の底から笑った数の多い、幸福な人生を送っているのかもしれないなあ~~なんて考えてしまいました。

また、「好来道場」のラーメンが食べたいなnoodleと道徳心よりも食欲心がまさってしまう私はまだまだ修行が足りない・・・・

|

« オイルセラピー | トップページ | 健康って・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オイルセラピー | トップページ | 健康って・・・ »