« インフルエンザとホメオパシー | トップページ | 美味しいもの »

2008年12月 2日 (火)

師走

あっという間に12月。

師走という語源からも「師匠も走るくらい忙しい」ようでdash

先週末、私は、一年で一番大変なスケジュールをこなした。

忙しいという言葉は「心を亡くす」という言葉になってしまうので、スケジュールがいっぱいというように使いたい。

私の子ども会の役員の仕事と長女の水泳大会と次女のピアノコンサートのリハーサルと本番と・・・・

まさに駆け回りながらタイムスケジュールを朝4時からお弁当作りに始まり、夜10時まで走りぬけたという感じです・・・・・

「大丈夫。すべて上手くいく」と自分に暗示をかけながら、精神的疲労は、バッチフラワーのレメディですべて補いながら、無事に乗り越えれました。

前日から、次女のピアノコンサートのリハーサルでは、先生の激thunderが飛びながら、他の先生にレベルが低いのにこんな大きな舞台に出したものだといわんばかりの嫌味に耐え、

猛練習をしながら、当日、先生より「後はこどもの力を信じましょう。」という言葉で、親たちは、ただ祈るだけ。note

演奏は、本番で初めて大成功でき、「涙が出るくらい感激しましたcrying

Imgtheater02 こんな大舞台での5台のピアノの連弾。

ただでさえ難しい曲なのに、みんなで音を合わせるので必死なのです。

音が合い、演奏が終わったときは、力が抜けたように感動heart01

Pb300036_2 夏から練習をして頑張ってきた成果があり、大きな壁を乗り越えた気分です。

次女も満面の笑みで、大舞台で演奏できたことは一生の思い出になると思います。

さて、ピアノコンサートを最後まで楽しむ時間もなく長女の水泳大会会場へ直行dash

チームのリレーのメンバーに選ばれていることもあって、応援をします。

今回の大会は、自分とのタイムとの戦いでもあるし、チーム対抗戦といこともあり、上位を狙い点数をかせぎます。

リレーはいつも気合の入った応援をします。

そして、我がチームは、尾張地区の総合優勝となり、happy01長女も満面の笑みfuji

緊張したり、急いだり、心配したり、喜んだり・・・・・

感情の変化も七変化。

まさに走りぬけたという感じですsweat01

次女のピアノコンサートで、お友達にいただいたお花やプレゼント、心より感謝しますshine

まだ、今年やり終えていない未完成な部分を走りぬけながら完成する意味も込め、師走はスケジュールいっぱいになりそうです。

決して「忙しい」という言葉は使わないように、年末を切り抜けたいと思っています。

|

« インフルエンザとホメオパシー | トップページ | 美味しいもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インフルエンザとホメオパシー | トップページ | 美味しいもの »