« PoF | トップページ | 数秘術 »

2011年5月22日 (日)

美食家

昨日、パパさんが釣りに行ってカサゴ、めばる、あじの魚をいっぱい釣ってきたのですfish

さてこのたくさんのお魚・・・・私はノータッチなのです。

なので、パパさんがさばいて、調理してくれますgood

まだ生きている魚のウロコを取ったり、内臓を出したりと・・・・

正直、私はめんどくさそうにしか見えないけれど。

長女も魚をおろすといって、半分生きている魚をまな板にのせ、急に口を開けたりするので、包丁を持ちながら悲鳴をあげながらさばいていましたが・・・・

結構大変なのです。

名古屋からの公立の中学校の修学旅行は、毎年、東京方面ですが、今回は地震の影響で、大阪方面、金沢方面、神戸などに変更している中学校も多数あるようで・・・

その中で、漁業体験をするという中学校もあったのです。

自分で釣った魚をウロコを取り、さばいて調理して食べるという体験です。

修学旅行の説明会で、魚を調理している映像を見ていた女子中学生が気分が悪くなり退場したりと・・・・

実際、魚をさばくなんて・・・・現代っ子には体験がないのでしょう。

パックの切り身でしか見たことがなかったりと・・・・

長女も魚をさばきながら「魚の骨ってこんなにあるの!」と驚いていたし。

漁業体験で、食の大切さを知ることなんでしょう。

パパさんは、この魚を和風の煮つけと洋風のブイヤベースの2種類を作ってくれました。

ブイヤベースをささっと作ってしまう親父なので、やっぱりすごいw(゚o゚)w

オリーブオイルとにんにくを使って、カサゴをフライパンで焼いたりと・・・・

作る手順を熱弁してくれたけれど、興味がない私は、馬の耳に念仏状態sweat01

パパさんは、生まれ持った「美食家」という食べ物にこだわっている星があるのですが、長女も、次女も私もその星がないので・・・・

一生懸命作ってくれる料理を「こだわりすぎ~~そのままですぐに食べたい」と本音を言ってしまう長女。

パパさんは、料理のテレビ番組を見ている途中に、娘たちが勝手にチャンネルを変えてしまう(゚ー゚;

食べ物にこだわりにはかなりの温度差があるけれど・・・・・

「美味しいものは自分で作る」が信条のパパさん。

「最近~~味が濃いよ。歳とってきたから舌が老化してきたんじゃないの」と強い長女の一言にもめげず、美食家として一生こだわっていくことでしょう。

まあ美食家というか「食いしん坊」と言ったほうがピッタリなんだけど(^-^;

|

« PoF | トップページ | 数秘術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PoF | トップページ | 数秘術 »