2008年8月17日 (日)

好きなこと

アロマキッズが好評で、手作りアロマ石鹸、手作りアロマスプレーなど、子供たちもアロマが好きなようです。

夏休みなので、子供たちもアロマで作った石鹸など、大変大事に持ち帰ってくれますheart01

身近な石鹸として使えるので、お風呂で使うとき、感激しながら使っていただいているようです。

アロマキッズ、夏休み後半もありますので、楽しみです。happy01

さて、夏休み、ほとんど毎日、プールへ遊びに行く娘たち。cd

室内のプールなので、日焼けは心配しなくていいのだけれど。

「そんなに毎日泳いであきないの?」と聞けば、

「好きだから、毎日泳げる」との答えがかえってくる。

水泳の8冠達成した、米国のフェルプス選手は、1日に1万キロ泳ぎ、大会の後、何をしたいか?という質問に早く泳ぎの練習をしたいと言うそうです。

好きなので、できるのでしょう。

好きなことや楽しいことだとしっかりできるのだけど・・・・

まだまだ残る夏休みの宿題・・・・

好きになってくれていれば、もうとっくに済んでしまっているのだろうけど。

私も家事を好きになれば、もっとテキパキ主婦になっているのだろうけど・・・・

好きなことしかしなくてもいい世の中だったら・・・と子供たちと同じ思いをするのは、大人も一緒なんだから。

| | コメント (2)

2008年6月23日 (月)

あお虫

昨日は、長女の水泳大会wave

ターンの失敗により、はじめての失格・・・・weep

泣いてくるかと思っていたら、チームメイトのたくさんの「どんまいsign01」という励ましの声とコーチの失敗することは、悪いことではない、次へのステップと思いっきり、前向きの言葉をかけていただいたようで、落ち込むどころか、次に失敗しないように練習すると、元気いっぱいで、もどってきた。

練習を一緒にやってきている、チームメイトは、精神的に強い上、他人の気持ちがよくわかるとても優しい子ばかり。heart01

コーチが、「水泳能力を上げることよりも精神力を鍛えます。」と選手になったとき言われた通り、長女も強くなったと感じてしまいます。

親戚のお子さんも水泳を小学校時代頑張り、中学になってから陸上をやっているけれど、その時に具わった精神力は、生きていく人生に無敵になっていると。

スポーツ以外にも情熱を注いで、打ち込んだことは、必ずプラスになっていくのでしょう。

先日も

「ぎゃあ~~~sign03」と長女が、クラス内に響く大きな悲鳴をあげた。

先生や友達がビックリして「どうした。」と集まってきた。

給食の時間、おかずの中に、3センチくらいのあお虫が入っていたという。

野菜嫌いの長女なので、おかずの中から食べれそうな物を選んでいたら、(なんだこれ??)

(ひょっとして、あお虫coldsweats02

そして、教室いっぱいに響く悲鳴thunderをあげたらしい。

ただでさえ、野菜嫌いなのに、もうすっかり食欲もなくなり、食べなかったらしい。

その時、クラスの男の子からは、「普通、女だったら泣くだろう」と言われ、(女はこういうとき泣くんだ??)と思ったらしい。

もちろん、こんなことじゃ全く泣かない長女です。

お友達からは、「○○ちゃんのおかずの中でよかったね。気にしないから。」と言われたりしたらしい。

(気にしないけど、ますます野菜嫌いの給食嫌いになったよ。)と思ったらしい。

帰ってきてその「あお虫事件」の話しをしてくれ、私も「1200名もいる児童の中で、選ばれたね~~、それは、とてもラッキーな事件だよ。だって、一生そういうことって思い出で残るし、他の子のおかずの中だったら、野菜嫌いじゃなければよりすぐらず、そのまま食べてしまったかもしれないしね。」

と言ったら、「そうだよ、違う子なら、泣くらしいよ。それにしても気持ちわるいい~~。」と言っている。

あくる日の給食の時間、「あお虫は入っているか」とか友達にからかわれていると先生が「○○さんが傷つくからその話しはしないように。」と言ってくれたようです。

しかし・・・・

長女は、(こんなことで傷つくの??全然傷ついていないけど・・・・ただ野菜がますます嫌いになっただけなのに・・・)と思ったそうです。

(こういうことで傷ついたり、泣いたりするんだ)と内心ビックリしたようです。

本人にとっては、どうってことではないようなので。

こういう考え方で、生きていく方が楽なんでしょう。

考え方次第で、物事はなんでもよく進でいく。

失敗したり、落ち込んでしまっても、考え方を変えれば良いことだと。

長女も精神的に強くなり、成長していってくれてなんだか嬉しくなってしまう。

強さって、頑張る強さも必要だけど、凹まない強さも必要だから。

こうやって、親から離れて自立していくのだから、そろそろ見守るだけで、手放していかなければ。

あお虫が、教えてくれたようなそんな気がします。wink

| | コメント (0)

2008年5月17日 (土)

運動会

今日は、娘たちの小学校の運動会sun

天気にも恵まれ空気もさわやか。

秋の運動会から春または初夏の運動会に流れが変わっているようです。

school全校児童数約1200名のマンモス校eye

保護者の数も半端じゃありません。

あまりの人数で、娘を最後まで探せれなく・・・・終わってしまった競技があり・・・・・

527 というか・・・どこにいるのかわからない・・・・

人数が多いので、パワーがあって楽しいのですが、豆粒の我が子はいったいどこにいるのか状態wobbly

来年は新設校が近くにできるので、少なくなりますが・・・・

このような時代にたくさんの子供たちの運動会を経験できたのは、とてもラッキーでした。

中国の地震で学校で災害にあってしまい生き埋めになってしまった子供たち。

対照的すぎて・・・・

何も不安もなく運動会を楽しんでいる輝いた姿shine

一方、被災地では・・・・

この笑顔が被災地の子供たちにも一日も早く取り戻して欲しい。

ほんの少しだけれど・・・・娘たちと募金したいと思っています。

楽しい運動会の思い出、どの子供も同じようにたくさんの楽しい思い出作ってほしいからnotes

| | コメント (0)

2008年3月22日 (土)

皆勤賞

暖かい春の陽気のcherryblossom今日、次女の卒園式でしたweep

温かい先生やお友達、園での過ごした日々は、とても素敵な思い出になりました。

450 そして、年長になってから一度も休まず通えたので皆勤賞もいただけたのです。

風邪、熱、怪我もせず、健康に通えたことにとても感謝です。shine

長女も3年生の間、一度も休まず皆勤賞。

姉妹そろって、元気に通えたことは、本当にありがたいことです。

気持ちの持ち方次第で、病気にかかりにくい体質になるよう今後もアロマやバッチフラワー、ホメオパシーなどの自然の力を借りながら生活していくことでしょう。

ネガティブな感情は、溜め込まず、それ以上にレベルの高いことを考えるように意識的にするように努力しています。

娘たちにも理解できるように伝えていますが・・・・・

「相手と比べず、自分の目標と比べるように」と。

雨にも負けず、・・・宮沢賢治の朗読を卒園式のときに子供たちが言いました。

・・・・・そういう人に私はなりたい。」

みんな絶対になれるよ。

なりたい自分になれるのだから、成長していく子供たちはとてもキラキラしていました。

私も子供たちに負けないように前に進まなければnotes

| | コメント (0)

2008年3月 6日 (木)

体がキラキラ☆

shine最近は、女性のマラソン人口が急増しているというニュースを長女と見ていた。

女性ランナーが確か・・・「走り終わった後の達成感は、走った人じゃなきゃわからない」ようなことを話していた。

走るなんて・・・苦しそう・・・wobbly

それを聞いていた長女は、「泳ぐことと一緒で、後で体がキラキラするんだよ。それがわからないママは、かわいそうだね。」と言われてしまった。

泳がないと体が泥の中にるようだけど、泳ぐと体がきれいになって、キラキラする感じらしいshine

「暑くて流す汗sweat01と体を動かして流れる汗sweat01の違いもわからないでしょ?」と長女は言う・・・

なんとなく頭ではわかっているけれど・・・体を動かして汗をかかない私は、遠い記憶をたどってしまう・・・

体を動かしていない・・・・ここ最近・・・・coldsweats02

根気よく頑張りなさいなんて、自分がやらないことを平気で娘に言っている私だったけれど、一番のなまけ者がこの私なのだ・・・・・

ということで、最近は、立場が逆転しつつある・・・・

スイミングに週5~6回通っている長女の練習には、もう完全に頭が上がらない。

楽しいし、体がキラキラするので止められないらしい。

そんな水泳のことを書いた作文が小学校で入選して、今度ラジオ出演が決定slate

初のラジオ出演で、今、作文を何分で読み上げれるかを練習しているらしい。

父も母も経験したことのないことをドンドン進んで経験していって欲しい。

キラキラ輝く達成感がどんなことよりも大切な財産だということを知っていってくれればと思っている。

最近、ドロドロ、ノロノロしている私もしっかりキラキラしなければと反省してしまうbearing

| | コメント (2)

2008年3月 3日 (月)

ひな祭り

446_2 cherryblossom ひな祭り cherryblossom

次女がお友達の家で、かわいいお雛様を作って帰ってきました。

かわいいheart02

こんなかわいいこと考えもつかない私・・・・さすが元、幼稚園の先生ママ、ありがとうですheart04

もう少しで、園生活も終わる次女ですが、なんだかもったいない。

もっと一緒に遊ぶ時間を作らなきゃと思ってしまいます。

ひな祭り、卒園、そして入学・・・・

あっという間なんだけれど、ひとつひとつ大切な時間を作っていきたいです。

| | コメント (0)

2008年2月28日 (木)

☆中国語☆

長女がしばらくお休みしていた中国語を再び習うことになりましたhappy01

休んでいても「中国語が習いたsign01早く先生見つけてsign01」といわれ続けていました。

そして、何回も中国語の教えてくれるところへ行き、いろんな先生と会いました・・・・が・・・・・

何故か・・・・違う・・・・・

と思ってしまい直前でキャンセルをしてしまう状態が繰り返され(ごめんなさいsweat01)てしまい・・・

なかなか中国語を再開できないままでした。

{以前、教えていただいていた先生にまた教えてもらいたいなぁ~~}と思っていたら

なんとsign03去年の12月31日の大晦日のバッタリ、スーパーで再会。

そして、なんとわが自宅からすぐ近くのところへ引っ越されたという。

ここから、話しは、すべてトントン拍子で進み、今年からまた、長女の中国語の勉強が始まりました。

が・・・・・

子供は吸収力も速いけれど忘れるのももっと速いようで、赤ちゃんレベレの勉強に逆戻りです。

「何故?中国語がやりたいの?」とか「今、問題になっている国の言葉を覚えてどうなるの?」とかお友達には言われているようですが・・・・

長女自身、中国語を習うポリシーをしっかり持っていて、将来のストーリーを話してくれます。

何かを始めるとき、ベストなタイミングでできるようになっている、そんな気がしてしまいます。

そして、次女のピアノを始めるときも夢の中で、亡くなった母がでてきて「次女は、ピアノを習わしてあげて」と言っていたのです。

そこから、ピアノ教室は、たくさんありますが・・・・

ここだと思った直感で、決めました。(後で聞いたら、このピアノ教室は、音大をめざすような人が習うピアノ教室でしたが・・・)結果とても良かったのです。

人生はタイミング。

チャンスを逃さないように直観力も大切かと。

中国語を始めて、楽しい様子の長女。

私も始めるとか始めたいとか言っている「ダイエット」もタイミングなんて思っていたら、取り返しがつかなくなってしまうだろう。

今からすぐに、なんとかしたいcoldsweats01

| | コメント (0)

2007年12月17日 (月)

波動ランドセル

「サンタさんに何頼む?」

娘たちの答えは・・・・

長女→「おまかせ~~」と長女は、サンタさんを半分信じて半分疑っている。おまかせなので、サンタさんはきっとこれから使う文房具やスイミングで使う実用品になるでしょう。(母の希望品なので。)

なんだか夢がなくてバレそうな物だけれど・・・・・

次女→「ケーキが欲しい」サンタさんはケーキ運べないから他のものにしてと言ったら

次女→「アイスクリーム」それもNG、物欲よりも食欲の次女はいつも欲しい物があまりない。

母→「ランドセルにして」と言ったらすんなりOK

ということで、ランドセルに決定!(母希望品です)

そして、ランドセルを買いに行きました。

その名も「波動ランドセル」

日本で初めて実現した、高波動マイナスイオン発生するといわれている(本当なの??)ランドセルの底には、トルマリン、アバタイトなどの鉱石入り。

電磁波や静電気の有害な物質の影響から、良いエネルギーを出す波動ランドセルを使うことによって体の不調が取れるという。

やる気、免疫、ストレス、アレルギーのすべてに対し、石油系の合成のランドセルと比較すると高波動のマイナスイオンを発生するランドセルの方が健康的に良いという結果になったそうです。

なんだかこういうランドセルを背負わせた方が頭がよくなるような気がしてしまう。

ということで、私の周りでは、このランドセルを購入する人が多い。

名古屋のセレブママたちも結構このランドセルを買っている・・・・・

値段は、工場直営なのでデパートやスーパーで売っているものの半額くらいなので、とても安い。

値段も安く、体にもいい波動ランドセル。

トルマリンが入っているらしいけれど・・・・トルマリンの入っている脂肪を燃焼するといわれている下着を買ったけれど全く変化が無い・・・・少量のトルマリンでは、私の場合脂肪が多すぎて効き目がない・・・・

せめてこの波動ランドセルに入っているトルマリンやアバタイトの効果を期待してみたい。

波動の良いランドセルだからやっぱり勉強もよくできると完全に洗脳されて使ってみたい。

サンタさんの贈り物は、親の私の期待の方が楽しみだったりする。

ちょっと怪しいかも~~と思いつつ、クリスマスが楽しみになってきた。

| | コメント (0)

2007年12月 3日 (月)

息切れ

先週末は、朝4時に起き、長女の今年度最後の水泳大会のお弁当作り。2日間あったし、朝からは、ちょっときつい~~。

保護者の観覧席の席取りは、燃えるけれど体力がないため、全速力で走れない自分に気づく・・・・現役でスポーツをやっているお母さんにはかなわない・・・・・

体力作りをしなければ・・・・(場所取りのためにも!)

尾張地区の大会で、今回の招待選手は、あのアテネオリンピック選手銀メダリストの山本貴司選手☆

ピンとこない方は、千葉すずさんの旦那様と言えばなんとなくわかるかな??

長女の部屋には、山本選手のポスターが貼ってあるので、すぐにバタフライの選手だと理解していたけれど・・・・

山本選手が泳ぐすぐ後に長女は泳ぐため、誰よりも近くから、見ることができ大興奮!

バタフライの泳ぎは、水面を飛んでいるように速いのでビックリ。観客もみんな大拍手☆

体調も精神的にも絶好調の長女は、大会を忘れ、山本選手の近くへ行き、体を触ったと喜んでいる・・・・

今日のために一生懸命練習したことなど忘れ・・・・しっかり母の血が流れているので、キャーキャー言っている・・・・・

「私、山本選手と結婚する☆」と長女は言い出したが、「あの人は、水泳で有名な千葉すずさんと結婚している」と説明し、あのような人と結婚したければ、同じ土俵にたつこと。

同じレベルの人と結婚はできるのだからと9歳の娘に説明した。

「じゃあ私もっと頑張る」と不純な動機で頑張ってみるらしい(>_<)

長女のチームは、準優勝ができ、山本選手もすぐ近くで見ることもでき、大変満足できたようだったけれど、母の体力のなさには、やばい・・・・

場所取りのための階段3段ぬかしぐらい息を切らさず、走りぬけることを次回にはクリアしなけえばならない課題がまたも増えてしまった・・・・

息切れ・・・・しないよう日ごろから体力作りをしなければ・・・・

| | コメント (0)

2007年9月 1日 (土)

教育ママ

教育ママなんていう言葉。最近聞いていない。

しかし、教育ママってやっぱりいたのね。

先日、ある待ち時間にたまたま隣にいた人の話しが、気になって、聞くつもりはなっかたのだけどついつい耳がダンボ状態になっていた。

きれいなセレブママは、低学年の子供と幼稚園生の子供に毎朝、起きたらすぐに20分間、集中させて勉強をさせるらしい・・・

その勉強の準備に夜寝る前、30分間そのママは問題を作ったり準備をすると言う。

毎日、づっと続けているらしい。

ゆとり教育では、やる子とやらない子の差が出てしまい、親の教育に対する姿勢についても話していた。

私なんか夜、飲みすぎて子供より早く寝てしまったり、朝、勉強させるスタイルなんて考えられない・・・・・

こういう教育ママがいるんだ~~っと少し感動☆

でもあまりに小さい頃から勉強させたりするのはどうなの??と思ったりもする・・・・

教育のことを語っている隣りのママの話しは、とてもとても理解できるけれど・・・・

きっと子供は、遊びたいのだろうなぁ、小さなころから管理されると自分で創意工夫とかできるのかな??なんて思ったりする。

この時期大切なのは、本を読むことと書くことって言うので、そのことをなるべくさせたいと思っているけれど、子供は意思があるので、親が上手に環境作りをと思い、本屋さんに長女を連れて行った。

しかし・・・・

私と離れた途端・・・・

エッチな本を見つけ・・・・

その本を開きながら「ママ!これみてすごい~~○×○」と大きな声で走ってその雑誌のページをめくりながら・・・・・

恥ずかしいー・・・・・周りの人も見てみぬふり・・・・・

ゲンコツをくらわせ、本屋さんを出た・・・・

手強い長女を調教させるのは、餌で釣るのが一番。

ということで、図書館で借りた本を読んで、感想を書いたら1点のポイント。

30点たまったら、300円の金券。50点たまったら500円の金券。70点たまったら700円。100点たまったら千円の金券をプレゼントすることにした。

金券は、好きな本を買うことができるように。そういう約束をした途端、熱心に読書をするようになった。

難しい本の場合は、ポイントを高くし、やさしい本は、ポイントを低くしてみた。

暴れ馬を調教するには、人参が必要だったのだと納得。

この方法は、結構おもしろい。目的を持たせながら、進ませることが上手な親にならなければ、子供は前に進まない。

「勉強しなさい」「宿題やりなさい」~~をしなさいと言わなくても言いように子供から自ら進んでやる、そんなママが本当の教育ママなんだろうけれど・・・

「小学校4年生で一生が決まる」という本を読みました。

読書をして、感想を書かせ、ポイントを増やす方法は、この本を読んで、参考にしました。

いかにも勉強をさせる方法は??教育ママが読みそうな本ですが、内容は夢のある子に育てていくヒントも書かれてもいます。

小学生を持つママには、参考になる部分も多いかとおもいます。

もちろん、マネジャーとなるママが賢くならなければならないので、新学期から良い意味で教育ママになっていけたらと思ってしまう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧