2006年12月 3日 (日)

アロマで出産準備

今週、出産予定の親友にアロマ、バッチフラワーでしっかり出産に備えました。

アロマテラピーは、出産するときに使用する病院も多くなってきていますが、バッチフラワーは、まだまだだから・・・・

出産予定の2,3日前より、レスキューレメディを使い始めます。

出産後もかなりのストレスと変化を受けるので、出産後もしばらく使用します。

レメディでお産が軽くなったりするのは、しっかり意味があるので。

不安、恐怖、肉体的ショック・・・・

「私は、そんなストレス大丈夫」と思っていても、人生における大きな変化なので、自分では気がつかないかもしれないですが、かなりのストレスだと思います。

レメディを使って、精神的にも安定したお産ができるので、親友にも本日からレメディを飲んでもらいます。

大きな人生の変わり目となるので、ウオルナットのレメディも一緒に使用します。

親友の家で、一緒に飼われている、犬にも調合レメディが必要になってきます。

赤ちゃんがくると、今までのようにワンちゃんもいかないので、性格を配慮して、レメディを調合します。

アロマテラピーの香りは、クローブ、イランイラン、クラリセージ、ジャスミンを使いますが、使いすぎると気持ち悪くなったりする人もいるので、要注意です。

アロマでトリートメントをして、あとは無事に産まれてくれることを祈ります。

流れで、産まれるなら満月の大潮がいいのかな・・・・

産まれる前は、早く産んでしまいたいと思うけれど、「産まれたくなったら出てきてね」というゆったり気分で、待っててあげる方が、赤ちゃんにとっていいのかも。

出産準備は、万全なので、あとは、かわいい赤ちゃんに会えることを楽しみにして。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

ベビーマッサージをして

バーストラウマ(産まれた時の心の傷)は、自然に産まれた子にも帝王切開で産まれた子にも同じ様にあると聞きます。

難産で産んでしまったのは、自分のせいだと責めることは、マイナス感情なので持たないほうがいいのです。

帝王切開や未熟児として産んでしまったと思うより、これからのスキンシップの仕方が大切となってきます。

母親が不安な気持ちや恐怖心、罪悪感を持っているとそのまま赤ちゃんに伝わってしまいます。

長女は、6歳ぐらいまでは、前世の記憶、お腹にいたときの記憶、出産の記憶を持っていました。

出産の時の記憶も鮮明に話してくれたので驚きでした。

お腹にいるときから赤ちゃん時代までは、親の気持ちがすべて伝わっているそんな気がします。

ベビーマッサージをしながら、母親の手に触れた感情が赤ちゃんにそのまま伝わると思うので、ストレスがあってイライラしているときや落ち込んでいるときなんかは、マッサージはお休みしたほうがいいと思います。

以前、ベビーマッサージを習ったときに、バーストラウマが具体的に精神的部分にどのように表れるか、具体的な例をいくつか教えていただきました。(正直リアルすぎてショックでした)

ならば、早めにトラウマを解消できる方法の一つとして、ベビーマッサージがとても有効だということも理解できます。

夜泣きや訳もわからず泣いたり、そんな親としてつらい場面でもベビーマッサージをすることによって、だいぶ違うのではないかと思います。

長女ももうすぐ8歳ですが、背中や肩など、日ごろ自分でも触ることができない部分は、マッサージして欲しいと言ってきます。

次女は、顔のマッサージが大好きなので、日ごろかまってあげていないので、マッサージだけは、今度やってあげると言わず、すぐにやってあげるようにしています。

難しいことは、一つもないので、楽しんでスキンシップをする時間ができればいいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

アロママタニティで安産

アロママタニティのトリートメントとレメディ効果で、今朝、安産すぎるくらいの安産で、元気な女の子が産まれました☆

なんと!

陣痛から出産時間まで、1時間!

スピードすぎるので、あわてたことでしょう。

移動時間なんかを考えると、大変だったのではないでしょうか??

私も次女は、陣痛から出産までの時間が45分という短時間での出産だったので、移動の車中で産んでしまいそうで大変でした。

病院に着いて、看護師さんに診察してもらったときには、頭が見えていたので、至急、先生を呼び出してくれていました。

陣痛の合間には、看護師さんと会話ができるほどの余裕でした。

長女の不妊治療の費用はいくらかかったの?とか次女は自然妊娠なのでそれはどうしてなのか?

とかいう質問を陣痛の絶頂の合間に返事をしていた感じで出産しました。

正直、私は、痛みに強いというか鈍感というか・・・・

不安感や恐怖心がまったくないので、安産だったと思っています。

今回、出産した方も不安感、恐怖感はなかったので、良かったと思っています。

昨日の夕方からレメディをレスキューレメディに切り替えできたので、この効果にも期待できたのでしょう。

数日間は、レスキューレメディを使い回復しつつある体を癒します。

出産というさも劇的な変化なのでウォルナットのレメディと併用して使います。

新生児にも母乳を通して与えると。新しい世界に順応しやすくなります。

安産だったので、バーストラウマ(産まれた時の心の傷)も少ないので、今後の人生も素敵に進んでいくことでしょう。

レメディを使うと安産で産まれる。そして、いい子に育つ。そんな感じがしています。

この喜びがうれしいので、アロママタニティは、やめられません。

すべてのパワーを私も確実にもらえるので☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

アロママタニティ②

出産時のストレス。人それぞれストレス度は違うけれどもかなり大きい。

産む前のストレス、産んでからのストレス。

気が付かないうちに溜まって溜まっていく・・・・・

不安やイライラ、憂鬱、体の疲れに恐怖感などすべてマイナスのエネルギーなのでベイビーブルースになっていってしまいます。

もちろんこんなときこそ、フラワーレメディが役に立ちます。

出産予定日前からは、レスキューレメディを使い、当日のストレスを乗り切ります。

アロママタニティのトリートメントにもレメディを入れるので、体の疲れや緊張感がとれて安産になるはずです。

私の出産のとき、天井がゆがむとか鼻からスイカが出るとか言われているので、こんな痛みでは、まだまだと思って誰も呼ばなかったら、もう頭が出ていたらしく先生や看護師さんがダッシュで来てくれました。

そして、赤ちゃんの心音も弱ってしまっていたらしく、慌てたようです。

だって、天井はゆがんでないし、鼻からスイカを出すぐらい痛くもないし・・・

私の場合、出産に対する恐怖心は全くなかったので痛みも無かったような気がします。

それまでに苦労した不妊治療と比較したら出産は待ち望んだことなので、楽しく望めたのでしょう。

気持ちの持ちようで、痛くなったり、パニックになったりするので、100パーセント前向きな気持ちで出産すると安産になるのではないでしょうか?

そんな気持ちの助けにレメディは役にたってくれるので、とても心強いです。

そして、誕生も神秘的☆

満月の夜とか満潮時に産まれると安産と言われているけど、うちの娘2人も満潮時刻。

雨や台風にも産まれやすいので、宇宙の生命って本当に神秘的。

妊婦さんのトリートメントをしていると自分もとても癒されてくるからとても不思議。

アロママタニティは、私にとってもとても癒されている時間なんだなぁってすごく感じています。

妊婦さんには、出産時のストレスがかからないよう、しっかりケアしていき、安産をめざします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

アロママタニティ①

37週になった妊婦さんのトリートメントをしました。

まずは、足浴から。

_391 体重も重くなってきているので、足の負担はかなりかかっています。

足浴には、レメディの疲れをとるオリーブを入れます。

香りには、足のむくみをとるジェニパーを使いたいところですが、妊婦さんなので、今回はリフレッシュ効果のあるレモンの精油を使いました。

足浴だけでも、疲れはだいぶ解消できたと思います。

そして、トリートメントを始めます。

オイルには、マンダリンとタンジェリンの柑橘系の香りにしました。

もちろん、レメディも使いながらのマッサージオイルが出来上がり、疲れた腰や背中をトリートメントをします。

レメディを使用した妊婦さんは、間違いなく安産なので。

レメディで、妊婦さんの不安な気持ちがなくなるため、赤ちゃんもおだやかな気持ちで産まれて来るのでしょう。

バーストラウマが無い赤ちゃんは、幸せですから。

そして、赤ちゃんの産まれてくる日は、母親がある程度コントロールできるのではないかと思ってしまいます。

ご主人が、たまたま休みの日に出産できたとか、自分の誕生日に産まれたとか、ある程度、意識レベルで産まれてくるような気がします。

私は、長女のとき、切迫早産で入院していましたが、先生も確実に早く産まれてくる(6月の前半)と宣告しましたが、私はどうしても予定日(7月23日)まで持たせたかったのでイメージで7月に産まれてくるってずっと考えていました。

おかげで、7月17日に産まれたので、先生もビックリしていました。

そんなこともあり、次女は、ゆっくり産まれてお腹の中に好きなだけいてね。とイメージしていたためか予定日より、遅れて産まれて来ました。

こうなって欲しいということは、考えているとその通りになったりするような気がします。

妊婦さんには、自分のイメージを大切にして、理想通りのお産になるように、私もお手伝いできるように頑張ってみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

☆香りで安産☆

昨夜、元気な男の子が産まれました。

彼女は3人目なので、出産に対する恐怖、不安はまったく感じられません。

予定日を過ぎ、陣痛待ちだったので、昨日の夕方5時に出産に良いといわれているブレンドした香りを渡しました。

ジャスミン・・・・・通経作用があるので、出産時に役立つ。

クラリセージ・・・通経作用がこれまたあるので出産時のサポートになる。

イランイラン・・通経作用がまたまたあるので陣痛の痛みが和らぐといわれています。

3つの強力ブレンドの香りで、「今夜産まれるよ」と私の直感、見事的中!   

それもその日の21時半に産まれて、22時半には連絡が入り、ビックリ。こんなに早くしかも安産でうまれてくれ、非常に嬉しい☆

彼女はとても素直な人。アロマテラピーや私のやっているフラワーバッチなどは、素直な人ほど効き目がすぐに表れる様な気がします。

☆香りで安産☆だった昨夜は私もハッピーな気分になりました。

   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

マタニティブルー

出産の数日間の幸福感が静まるとマタニティブルーがやってくる。

人によってそんな気持ちがやってこない人もいるけれど、母体の黄体ホルモンとエストロゲンが急速に低下することもあり気分が落ち込んでしまうらしい。

憂鬱になったり、イライラしたり、ボーとしたり、わけもなく涙がでてきたり、人によってさまざまな状況になる。

先月、アロママタニティで出産した彼女から、新しいレメディを作ってほしいと頼まれた。

マタニティブルーの症状を和らげるために、フラワーレメディを使うと必ず気分が晴れてくるはず。

アロマテラピーでは、ネロリのスプレーがいいので、顔に向かってスプレーして、心を安定させるレメディを飲んでしまえばすぐに回復することだろう。

男の人には、わかってもらえない精神的な産後の気持ち。母親教室にきている旦那様たちにも産後のママたちは、気分がホルモンの関係上落ち込んだりすることを勉強していてもらいたい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

出産時の記憶

出産の時の記憶ってありますか?私はまったくないです。子供に聞くと覚えてる子もいるし、うちの長女も、5歳くらいのとき産まれる時の話をしてくれました。

お腹にいるときの記憶も長女にはあって、2歳3ヶ月のときにお腹のなかにいたときの記憶をはなしてくれています。

私、「お腹にいたとき覚えてる?何してたの?」

娘、「プールで泳いでた。」

私、「プールで泳いで何してたの?」

娘、「飴なめてたよ。」

私、「どんな味の飴なの?」

娘、「ぶどうの味だよ。」

こんな会話をしていた。2歳3ヶ月にしては、言葉のやりとりが早い時期からできてたので、聞いてみたらびっくりこんな答えがかえってきた。私は切迫早産になりかけ、ずっと入院していたとき、24時間、ぶどう糖の点滴をしていて、先生が、この点滴は甘いから赤ちゃんも喜んでいるよといっていたことを思い出した。まさにぶどうの味じゃん!

これは、5歳くらいの会話

私、「産まれて来る時覚えてる?」

娘、「覚えてるよ。すごくまぶしかった。それにたくさんの人が周りにいたよ。」

え~これまたびっくり。ちょうどナースが、夜勤と日直の申し送りのあとで、産んでるから、看護士さんたちが私の周りにちょうどたくさんいて、見習いのような子たちもいたから、結構の人数がいたのは確か・・・・すごい

だから何といわれても困るけど、長女には、産まれる前の記憶もあるらしい。前世で死んだときも覚えてるらしくそのときのことを思い出すと不安になるという。本当かな??と思うけどこの感性が鋭い時期には、まだ覚えていても不思議ではないかも・・・今は7歳だけど、まだしっかり覚えているみたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

またまた安産でした。

昨夜、また安産で産まれました。

昨日の午後、アロマボディケアをしたとき、今夜もうでてきていいよってお願いしながら、マッサージをしました。彼女は、2人目の出産でしたが、1人目のときは、36時間の微弱陣痛の末、陣痛促進剤を投与し、やっとのおもいで産んだ、苦々しいおもいがあったため、2人目は安産で産みたいという希望もかない本当によかったです。

アロマテラピーの威力も助けになったし、数日前から、フラワーレメディもしようしてもらい、精神的にもおだやかに出産できるようアロママタニティケアをすすめてきました。

昨日は、満月だし、低気圧がきてるし、安産で産める自然の条件もそろっているから、彼女には、今夜産むと安産でうめるからがんばってと帰るときにいったら、絶対がんばって産むといったとおりになり、本人もびっくりしたみたい。

安産で産まれて来た赤ちゃんは、いい人生になるって何かの本にかいてあったけど、生まれた時のショックが少ない赤ちゃんは、トラウマも少ないから、人生もうまくいきやすいという意味なのかな~とおもってしまいます。産まれ方によって子供の人生が今後変わってしまうようなら、親も安産で産まなきゃというプレッシャーも大きくなってしまうけど、自然に身を任せ、不安という気持ちはマイナスの波長をよんでしまうので、気持ちを安定させるため、アロマテラピー、フラワーエッセンスの自然な力をかりるのはいいことだと思います。

陣痛が始まったとき、痛みが和らぐよう、イランイランの香りをつかいました。無事に産まれて私もすごくうれしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

安産でした。うれしぃ~

おめでとう!昨夜10時頃、安産で男の子が産まれました。彼女は、3時間くらいの陣痛で、無事元気な子を出産。

彼女にアロママタニティのマッサージを昨日の夕方にしたときに、もう今夜産まれそうな予感がしました。おなかの赤ちゃんは、びくともせず、静かだったので、今夜、雨も降り、低気圧だし、満潮時が夜8時頃だったので、夕方から、陣痛を促すマッサージをすると、今夜に産まれる予感が的中しました。

使った精油は、使用すると安産になるいわれている、ジャスミンなどを使用し、ゆっくり、ゆったりと行いました。

とにかく、彼女にも喜んでもらえたし、私もすご~くうれしくて、少しでもお役にたてたかなぁと思うと、すごく幸せな気分になりました。

まだまだアロママタニティは修行の身なので、もっと経験つんでがんばりたいです。来週予定日の人がいるので、彼女にも安産になるよう、がんばる予定です

赤ちゃんは、とてもかわいく天使のようだった。出産は母子ともに非常に強いストレスとなるので、フラワーレメディも使用していただくことにしました。お花のエネルギーを使い、出産という大きな変化からくるストレスやベビーブルーになる精神的な気持ちがなくなるよう処方しました。

| | コメント (1)