2011年1月 7日 (金)

喉の痛み

お友達から教えてもらったホットケーキミックスで作る簡単ケーキ。

リンゴを入れたり、さつま芋、ココア、チョコチップなど・・・

いろんなバージョンで美味しく簡単に出来上がり。

今回は人参を入れて作ってみました。

卵1個、砂糖50グラム、サラダ油50cc、牛乳100cc、ホットケーキミックスを入れ混ぜ、180度のオーブンで40分焼いて出来上がり。

簡単で美味しい。

年末、年始このケーキをいろいろアレンジして食べてばかり・・・・お正月太りですpig

今年初のお仕事は、トワイライトスクールのお手伝い(学童のおばさんのようなお仕事)でした。

外で鬼ごっこしようと言われ~~(寒いのにbearing)と思いつつ走りまわっていたら汗が出てくる。子どもたちと遊ぶとパワーがもらえて、元気になります。

ず~~っと私は鬼のままだけど・・・・寒いけれど、太陽にあたることも大切なのでしょう。

次女が、年末「右の喉が痛い~~」と言うので近くの病院で抗生剤4日分出してもらいました。

熱も出ないで痛みもすぐにおさまりましたが・・・・薬を飲み終わって2日後・・・「左の喉が痛い~~」と言うので、しっかり菌と戦うことに。

薬で抑えるのではなく菌と戦って打ち勝つように、ホメオパシーのヘパ・サルファーのレメディを使いました。

痛みをともなう感染症ホメオパシーなので、このホメがピッタリ合うことを祈りつつ・・・・

その日の夜、喉の痛みもひどく寝ているときに鼻血が出てしまいました。

鼻血が出るということは、しっかり好転反応でヒットしたということなのでよかったのでしょう。

朝には、少し痛みもおさまり、元気になっていました。

抗生物質で症状をおさえるのではなく、病状を出し切る方法のほうが、子どもには良いのでしょう。

ホメオパシーには賛否あるようですが、子どもには効いてくれる気がします。

大人はなかなか効かないこともあるような・・・・

西洋医学とホメオパシーを上手に使いながら、今後も使用していくと思います。

でも同時には使用できないので・・・・使用方法はしっかり守って使うことをお勧めします。

次女は喉の痛みは完全になくなり、今日から新学期、元気に学校に行きました。

喉の痛みは食べることもつらくなるので、早めに治さなければ。

B型のインフルエンザも流行ってきたようです。しっかりアロマのユーカリを部屋に芳香させ菌を撃退することをお勧めします(*^ω^*)ノ彡

| | コメント (0)

2010年8月30日 (月)

ホメオパシーは効くのか?

夏休みも終わりに・・・・長女は、学校に早く行きたくて秒読み状態なのに、次女は学校に行きたくないと暗い顔down

この性格の違いは何故??と思ってしまう(゚ー゚;

そろそろ、次女にレメディを飲ませないと2学期から「学校つまらない」となるといけないし。

精神的なサポートには、バッチフラワーのレメディを使用します。

人によって感じ方は違うかと思いますが、大人より子供のほうがバッチフラワーも素直に受けとめることができるようです。

先日、新聞に「ホメオパシーは効かない」と掲載されていました。

ちなみにホメオパシーとバッチフラワーは違います。

ホメオパシーは、身体的作用の改善を期待するレメディなので、精神的なサポートのバッチフラワーとは違うのです。

確かに、私もホメオパシーを飲んでも効かないものもあり・・・・効くものもあり・・・・とヒットしていないから効かなかったわけではなく、たぶん自分の身体が毒されているから効き目がないという感じなのでしょう。

反対に毒されていない子どもはヒットすれば、必ず改善していくのです。

抗生物質のような即効性はないので、期待して頼ってホメオパシーを飲んではいけないのでしょう。

私の経験上の結果から言えば、ホメオパシーは、毒されていない身体には効くけれど毒されている身体は、好転反応が出すぎて前以上に症状が悪くなるから結果効かないように感じてしまう。

アロマでも同じことで、ステロイドや抗生物質をたくさん使用している人には、アロマの手作りのクリームや傷を治すシアバターなど・・・・すぐに効かずにひどく膿んでしまう方もみえます。

自然治癒力が人間には必ずあるので、できるだけ自分の力で治すことを心掛けないと、将来、薬の効きにくい体質になってしまうのでしょう。

なので、「ホメオパシーは効かない」と断言している新聞もどうかと思ってしまったけれど、効くか効かないかは、自分の身体の毒素の基準が関係しているかと思ってしまいます。

ホメオパシーが効く身体を目指すには、夏休みに食べたコンビニ系のお弁当やスナック菓子にお酒や菓子パン・・・・考えれば効き目がなくなるものばかり口にしていたし・・・・

手作り野菜の健康的バランスのとれた和食を毎日食べましたshineと言えるときホメオパシーも効く身体になっているのでしょう・・・・程遠いわ(;´д`)トホホ…

| | コメント (0)

2009年11月 1日 (日)

口内炎とホメオパシー

Pb010038_800x562 昨日、次女が近くのケーキ屋さんへ行き、パズルのような応募をしてきたようです。note

3等が当たりました。ハロウインのかわいいクッキーが当たり、ビックリsign03

ケーキ屋さんから電話が入り、早速いただきに行ってきました。

「感謝」という文字がなんだかうれしくなってしまいました。

こちらこそ、ありがとうという気持ちです。

この勢いで、オータムジャンボの宝くじの抽選結果を調べましたが・・・・やはりハズレdown

人生それほど甘くないようです・・・・・

娘たちの学校もインフルエンザで、学級閉鎖になったりと・・・・

長女も調子がだるいけれど・・・熱は出ないし、口内炎ができたりと・・・

パッとしない毎日を過ごしています。

ホメオパシーでどうにかと思い、あれこれ考え飲ませていますが・・・・・

症状が日々変わるので、なかなかヒットしないのでしょうか・・・・・

唇の渇き、喉が渇くか、痛いところ、甘いものが食べたいか、一人になりたいかなどたくさんの質問攻めで症状を聞き出していますが・・・・

時間によっても違うようなので、レメディ選びも多難なのです。

でもヒットすれば、必ず症状が軽くなることがわかっているので、いかにピッタリしたレメディを選ぶか真剣になってしまいます。

ホメオパシーの本を片手に、いつもウロウロしているので、怪しい感じですcoldsweats01

口内炎のレメディを決め、飲んでいますが、すごく眠たくなるようです。

何よりも睡眠をとり、ゆっくり休ませることが大切だったようです。

性格や体格、性質なども関係して、選ばなければならないレメディは、ピッタリヒットすると眠くなったり、トイレに何度も行ったりと・・・好転反応が起きたりします。

副作用もないし、常用性もないけれど、身体に毒を入れるホメオパシーなので、西洋医学しか考えられない人に話しても理解はまだまだ難しいようです。

長女も「だるさをなんとかしたいから、身体から出して」と言います。

抑えて治すのではなく、身体から悪いものを出す方が良いことを自然に理解しているようです。

なんだか私も口内炎ができてしまい、非難するようなことを言ってしまうとできやすいので、自分を見直しながら、ホメオパシーのレメディを今夜から飲もうと思っています。

| | コメント (0)

2009年5月 1日 (金)

予防

一番快適な季節cloverがやってきました。

04080314sample10 GWは、天気もよさそうなのでみなさんお出かけするのでしょう。

紫外線が一年でも一番強い季節なので、しっかり紫外線対策をしましょうsun

日焼け止めクリーム講座は、昨年よりもレベルがアップして、クリームの質も上がりました。人気の講座なので、早めのご予約是非、お待ちしています。

さて、テレビをつけるとインフルエンザの話しばかり・・・・・coldsweats02

毎日、このような話しを聞くとものすごく恐いイメージを持ってしまうようですが、恐怖心を脳に植えつけてしまうような報道ばかり。

予防は大切ですが、不安は病気を引き寄せてしまうので。

幸福感を感じている人は、平均的な人より風邪をひく割合が35%も少なく、インフルエンザワクチンに対する抗体が50%も多く作られるといわれているように、気持ちによる部分が大きいのです。

毎回、不安になるようなニュースは、潜在意識にも働きかけてしまうので、私は、すぐに音楽を聴くようにしてしまっています。

ホメオパシーでもインフルエンザの予防はできます。

アコナイト(不安)、ジェルセミウム(古典的なインフルエンザ)、ベラドンナ(痛みのある発熱)・・・・

他にも種類がたくさんありますので、症状別で対応可能かと思います。

もちろん、お医者さんに診てもらうことが必要ですが、我が家は、ホメオパシーで軽いものなら対処してしまいます。

先日、次女が足にすり傷を作ってきましたが、カレンデュラのホメを飲み、オイルを塗っておいたら痛みが軽減したようでした。

ホメオパシーでどこまで有効性があるのかはわかりませんが、予防や最初の段階ならば、ひどくならないようにできるかと思います。

もちろん、個人差があるので、過信できませんが・・・・・

ホメオパシーで予防をしながら、日焼け止めクリームでも紫外線予防もこまめにしていかなければ・・・・

| | コメント (0)

2008年11月28日 (金)

インフルエンザとホメオパシー

毎日のように報道されている今年のインフルエンザ情報down

聞いているだけで、不安にさせられてしまいます。

病気の一番の原因はストレスだと思っているので、この情報は、不安感を大きくするので、よけいに病に引き寄せられるのです。

なるべく、こういう情報は気にしないで、免疫力アップupさせる情報を耳にした方が確実に良いはずです。

ホメオパシーによって、インフルエンザの予防ができます。

インフルエンザに効くといわれているタブレットもあるので。

ただ、ホメオパシーがききやすい体の状態なのかも問題のようです。

私は、コーヒー好きなので、なかなか効く~~という感じにはなりません。

娘たちは、ピッタリ当てはまったレメディを飲めば、症状の変化がすぐにわかります。

体から毒素を出す形になるので、最初は、症状が悪化したように感じますが、その後はスッキリするのです。

インフルエンザのホメオパシーは、7~8種類あるようです。

予防として取る時期、かかってしまいそうな時期、完全にかかってしまった時期と症状によって取るレメディが異なるようですが、違ったレメディを飲んでも副作用などはないと言われています。

タミフルより安全だと思います。

ホメオパシーの予防キットを備えていれば、不安感が消えていきます。

毎年、絶対にかからないという安心感がホメオパシーのキットによって、すでに予防されているのかもしれません。

インフルエンザは、心の状態がデーターに縛られ、ネガティブな状態なほど感染してしまうそうです。

なので、インフルエンザの報道されていることを気にせず、常識にとらわれない気持ちでいることが一番の予防法なのかもしれません。

| | コメント (2)

2008年9月29日 (月)

風邪にホメオパシー?

久々に風邪気味・・・・sad

9月は、毎年この時期に体調を崩します。完全に潜在意識から、この時期は体を壊すと指示してしまっているようで・・・

風邪をひいたら、アロマやホメオパシー、レメディと助けがいっぱいあるのですが・・・・

まずは、お部屋を空気をきれいに

アロマでユーカリmist、ラベンダー、ティートリィーなどのいつもの風邪の定番のアロマでお部屋に香りを焚き・・・・

レメディで、クラブアップルを飲み(引きはじめの風邪には、このレメディ)、ホメオパシーで、治す。

けれど・・・・

何故だか、ホメオパシーは風邪だけでも何種類もあり、咳、鼻水、熱、などなど・・・症状が細かくありすぎて、これだと思ってもはずしてしまう・・・・(゚ー゚;

好転反応がしっかり出て治す方法なので、ホメをはずしても副作用や好転反応は起きないのだけど・・・・・

今回、ホメオパシーのビンゴはやはり娘たちeye

悪い症状が出て、スッキリ治っていく・・・・

熱や風邪は抑えると時間がかかるので、悪いものを出して治す方法が、娘たちにはどうやら合っているみたい。

毒素付けされてしまっている私の体では、やはり素直に効かないよう・・・・

病は気からなのですぐ治ると思いが強ければすぐ治るはず。

この冬は、もう少し、ホメオパシーを使いこなせるようにします。

| | コメント (0)

2008年2月10日 (日)

ヒットすれば

この冬、ホメオパシーの出番が多い。

寒気、喉の痛み、鼻水、くしゃみとそれぞれの症状をネットを見ながら当てはめながら、レメディを飲んでいく。

ヒットすると徐々に症状が消えていくのがわかる。

寒気があったとき、15分くらいかけて寒気が遠のくのがわかった。

毒を飲むのだから、症状が一時的にひどくなるときもある。でも数分後・・・何もなかったようになるから不思議。shine

でもヒットしなければ症状は変化しない。

奥深い心の状態も関係しているので、表面的な身体の症状だけでは、理解できないときもある。

使うのは、家族限定なので、迷惑をかけることがないのだけれど・・・・

バッチフラワーレメディなら選べるように必死に勉強したので自信があるのだけれど。

ホメのレメディは、ヒットしたり、しなかったり・・・・ヒットしているから症状がひどくなっているのかそれとも違うのか・・・

とりあえず、ひどくなりそうな風邪はホメのおかげなのかすぐに改善してしまう。

ホメオパシーも魅力のあるレメディの一つなので、もう少し勉強しながらつきあっていくのだろう。

| | コメント (0)

2008年1月16日 (水)

ホメオパシーを使って

去年から、我が家で出番がちょくちょくあるホメオパシー。

小さな甘いタブレッドを使っているけれど・・・・私にはあまり効き目がわからない。多分私の身体は、カフェインやアルコール付けのナチュラル化していない身体なのでしっくりこないのかもしれない・・・・・

でも娘たちは、効いている感じがする。

同種療法といわれるものなので、飲んでしばらく経つと症状がひどくなることがある。

その後スッキリするらしいけれど・・・・・

インフルエンザにも効くといわれているタブレットもあるし、なんたって種類が多く、どれをどの症状のときに飲ませていいのやら??

実はわからなかったりしてしまう・・・・・

長女に飲ませたホメオパシーがききすぎてかわからないけれど鼻血を出したときはちょっとビックリしてしまった。

ということで、我が家の住人が私の犠牲になりながら、ホメオパシーの独自の勉強のモルモットになっていただいている。

でも確実に症状が改善されていくこともあったので、?も残るけれどさすがイギリスの王室も使ってるだけあってと思ってしまうときもある。

そろそろ花粉の季節。花粉が入っているタブレットがある。これを飲んでみようか、それともやめておこうか・・・・まだまだ自分自身疑っている部分もあるのでなかなか使い出せない。

| | コメント (0)